重要

我が友よ、犬は特に賞賛するのが重要です。

トイプードルは、基本的に頭が良くて陽気な犬なので、そういうところを助長するしつけ訓練が最適です。

規則正しい子犬時代を過ごしていないために、幾つもの問題行動をする犬たちも、しつけトレーニングをしていくことで、いつかトラブルがなおると思います。

基本的に、チワワと飼い主が協調して生きるとしたら、社会のルールを学ばなければいけないと思います。

よって子犬の時期からしつけていかないとならないでしょう。

ミニチュアダックスフンドというのは強情な一面を持っているので、プロのトレーナーに相談したりして、そのミニチュアダックスフンドに最適のしつけ訓練を聞くのも1つの手であると言えます。

子犬の時に、適切に甘噛みをするのはだめというしつけを受けなかった犬たちは、成犬になっているのに突然のように甘噛みっぽく噛むような行為が始まることがあるみたいです。

犬でも気が弱いと、大概無駄吠えが頻繁になるのだそうです。

つまり、身の危険に対する予測反応とか、恐怖によるパニック状態のようです。→犬無駄吠え防止

もしも、叱ったりせずにしつけたいと思ったために、飛びつきをとめるためにラブラドールを抱くとか、撫でてみてはダメだと思ってください。

「飛びつくと遊んでもらえる」と感じてしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です